ie-excel

エクセル・マクロでie操作

WordPress テーマを作成する

2018/11/25

WordPressでいくつものサイトを立ち上げてきたが、いつも既存のテーマを使用してカスタマイズしまくってしまう。
自分好みにするため、CSSのみならず、PHP自体にも手を加えてしまうことから、結果として生産性が悪くなっている気がする。

それならばと、重い腰を上げて今回初めてテーマの作成に挑戦してみた。

プログラムはExcelマクロをかじった程度の人間でも、コツさえ覚えてしまえばなんとかなるものなのがわかったのでここに最低限のやり方を残しておく。

なので、これからテーマ作成に挑戦してみようと思う方は、是非とも参考にしてもらいたい

テーマフォルダーにフォルダーを作成する

WordPressをインストールしたサイトを用意することは当然なので、割愛。
テーマを作成するために必要なのは、まずはテーマディレクトリーに今回作成するテーマを収録するディレクトリーを作成する必要がある。

テーマディレクトリーは、

wp-content - themes

にあるため、このディレクトリーに直下に今回作成するテーマ用ディクレトリーを作成する。

今回は便宜上「ab-theme」と名前をつけたので、そのディレクトリーを作成した。

以下が今回のテーマ作成したディレクトリー構成となる。

 theme-folders

 

index.php、content.phpとstyle.cssをアップロードする

空ファイルで構わないので、上記で作成したディレクトリーに以下のファイルをアップロードする

  • index.php
  • content.php
  • style.css

テーマを選択が選択可能になったことを確認する

作成したテーマを選択します。
ダッシュボードの左手のメニューに「外観」があります。
この中から「テーマ」をクリックすることでテーマが選択可能になります。

theme表示

現在インストールされているテーマの一覧が表示されます。

ただ、テーマ名しか表示されておらず寂しいですね。
「テーマの詳細」をクリックしても、やはりなにも表示されていません。
テーマ構築への長い道の
ここはモチベーションを上げるため、ここに画像やテーマの解説を表示させる方法からご紹介します。
theme選択

テーマの詳細を作成する

ここでは、テーマの詳細に背景となる写真の設置方法と説明分の設置方法を簡単に紹介します。

簡単に説明すると、style.cssに記述すると説明文が表示、
screenshot.pngを設置することで背景画像が表示されることになります。

style.cssに追記する

上記を設定することでテーマの詳細に作者名やバージョン、説明分などが追加されるようになります。

それぞれの意味合いは以下の通りです

Theme Name テーマ名
Theme URI テーマ開発元のURL
Author テーマ作者名
Author URI テーマ作者のURL
Description テーマの説明
Version テーマのバージョン
License テーマのライセンス
License URI テーマのライセンスURL
Text Domain テーマのライセンスを定義するサイトのURL
Tags テーマを分類するタグ名

screenshot.png をアップロードする

キャプチャ画像を縦横比3:4にトリミングした「screenshot.png」と名付けたファイルをテーマのディレクトリー直下にアップロードします。
公式サイトでは推奨する画像サイズは 880x660となっています。(実際には 387x290 のサイズで表示)
まだキャプチャーができない状況のため、以下の写真をアップしてみます。

 

screenshot

テーマ選択画面を確認する

テーマ選択

テーマ選択画面を確認すると、背景が設定されています。

テーマの詳細を確認

テーマの詳細テーマの詳細画面を表示させると、バージョンや作者名などが表示されています。

しかしながら、まだ空ファイルを設定しただけですので、サイトをプレビューしても何も表示されません。

それでは簡単なサイトを作成してみましょう。

簡単なサイトを作成

index.phpの編集

index.phpを更新するには、ダッシュボードの左手のメニューに「外観」をクリック。
すると右手にメニューが現れるため、この中から「テーマ編集」をクリックします。

theme表示

するとサイトの右手に先ほどアップデートしたファイルが二つあるので、「index.php」をクリックします

theme-edit

ここに以下を追加します。

そして「ファイルを更新」をクリックすることで、更新が完了。

ソースの説明

ヘッダーの表示
この処理はテーマ直下の「header.php」があればそれをインクルードし、存在しなければ/wp-includes/theme-compat/にあるheader.phpがインクルードされます。

今回はまだ「header.php」を作成していないため、存在しない時のheader.phpがインクルードされています。

記事の表示

記事の表示部分はコードは以下の通り

投稿記事が存在するかどうかで処理を分岐
投稿データが存在するケースと存在しないケースで処理を分けています。

記事の件数分処理を繰り返す
 

次の記事を呼び出す
この処理で、記事の存在有無を振り分けています。

投稿記事が存在した場合、●●●の処理を実行
存在しな場合、・・・を実行することとしています。

記事があればconten.phpを呼び出す
the_post();で次の記事の存在を確認しています。

記事が存在した場合、その記事からcontent.phpを呼び出しています。

フッターの表示

この処理を簡単に説明すると、テーマ直下の「footer.php」があればそれをインクルードし、存在しなければ/wp-includes/theme-compat/にあるfooter.phpがインクルードされます。

なお、PHPのタグが閉じられていません。
Wordpressでは閉じる。

content.phpの編集

 

single.phpの編集

 

 

header.phpを作成する

「get_header()」によりデフォルトのheader.phpが読み込まれても動作はします。
ですが、せっかくテーマを作成しているのですからheader.phpを自分で構築します。

といってもそれほど難しくありません。
最低限の「header.php」だけ設定します。

kakas

footer.phpを作成する

「get_footer()」によりデフォルトのfooter.phpが読み込まれても動作はします。
ですが、せっかくテーマを作成しているのですからfooter.phpを自分で構築します。

といってもそれほど難しくありません。
最低限の「footer.php」だけ設定します。

つお

→→→→

innerText ファイナンス
outerText テーブル

-テーマを作成する