ie-excel

エクセル・マクロでie操作

SIMフリー端末にシェムリアップでSMARTのSIMを購入

2017/02/17

SIMフリー化したiPhoneをシェムリアップでSIMを購入し一週間使用した
その時の一部始終を簡単にまとめてみた

2016年1月31日、一括ゼロ円が終焉を迎えるその日に1年も使っていないauのiPhone6をMNPでSoftbankのiPhone6sに乗り換えた
本当はdocomoにしたかったのだが・・・

そんなことより、今回のシェムリアップへの旅行時にはSIMフリー化が必要
ソフトバンクのiPhoneの場合、SIMロック解除には以下の条件を満たしていることが必要

  • iPhone 6s、iPhone 7、iPhone SE等、2015年5月以降に発売開始された端末であること
  • 購入日から181日目以上が経過していること
  • 解約手続きをした場合は、解約手続きから90日以内であること
  • 解約手続きをしたiPhoneは購入者本人によるSIMロック解除手続きの申請であること
  • 分割払い等のローンが正しく支払い続けられていること

現時点でも延滞なく使い続けているiPhoneなので、上記条件は満たしている

手続きをしないとSIMフリー化してくれないのはソフトバンクのみならず、他のキャリアも同じなのはなんともセコい商売
海外に行ってみたら手続きをしていなかったために使えなかったという人、実際にいるんだろうと思う

ソフトバンクの場合、My SoftBankから申請可能(無料)
(窓口での申請も可能だが、3,000円の手数料が余計にかかってしまう)

申請時には「製造番号(IMEI番号)」の入力が必要
この番号は
「設定」→「一般」→「情報」→「IMEI」
に記載されている15桁の番号、これを入力するだけ

あっけない申請で、その後SMS経由でのメッセージをはじめとして何もこないので不安になる

本当に SIMロックが解除されたのだろうか?

その後、一抹の不安を抱えながらシェムリアップへ

ホテルから迎えに来たトゥクトゥクのお兄さんにSIMの窓口まで案内してもらう
空港の到着ロビー出口からそれほどあるかない場所に窓口はあった
カンボジアにはキャリアは複数あるものの、ネットで調べるとSMARTなるキャリアが一番メジャーなよう
昔のソフトバンクのように繋がらないエリアが多くても困るので、キャリアは迷わず一番メジャーなところを選択

窓口へ行くと、様々なオプションがあるものの、滞在時間がちょうど7日間
通話はできないものの、通信が2.5Gバイトついてきて、さらにはLINEとFacebookは無制限
それで6ドルという、日本のキャリアと比較すると破格な条件のパッケージが発売
どうせ英語もできないから通話もしないし、ネット検索とLINEができればいい筆者にとっては十分すぎる条件
普段も月間2Gバイトを超えることが珍しい筆者は迷わずにこれを選択

smart

プランを言ってからは、SIMの抜き差やらその後の設定は全て窓口の中にいるお姉さんにお任せ
時折、ロックされたり、APPLE IDを求められたりしたので、その時だけ操作

事前に色々と心配したけど、随分とあっけなく繋がりました

なお、SIMの販売はシェムリアップの市街地であればいたるところで販売しているので、空港で時間が取れなくても大丈夫
ただし、空港のお姉さんのように慣れた手つきで設定完了させてくれるかは実際にやったことがないので未知数

さてSMARTというキャリアの実力は、というと、シェムリアップの街中だと4G回線で接続されるが、たとえPUB STREETであっても3Gとなり、LINEを画像付きでやるのみきつい場所があった

また、遺跡の中では繋がったり、繋がらなかったり、地方都市は概ねつながる
ただし、タイとの国境付近では圏外表示となるような状況
タイとの国境付近ではAISというタイのキャリアへローミング連絡が来るような状況

実際に使ってみると、思ったより4Gエリアが広かったことや、圏外が少なかったので、実用上それほど困ることはなかった

ただ、日本の友人や家族とリアルタイムでのチャットは厳しいかもしれない
その辺は相手にも理解をしてもらおう!

-iPhone, アンコールワット