ie-excel

エクセル・マクロでie操作

Excel VBAでIEを操作 ラジオボタンやチェックボックスを選択

2016/10/17

Excelでアンカーをたどり、リンクしていく方法。
検索キーワードを入れて検索する方法。
該当ページにセレクトタグ(プルダウンのメニュー)があった場合の選択する方法を例示してきました。

今回は、ラジオボタンやチェックボックスの操作方法を例示します。

そこで今回のお題は
・ラジオボタンやチェックボックスのあるサイトを表示
・ラジオボタンを選択し、チェックボックスにチェックする
を実践。

上記お題は、以下の操作をすることにより可能となります。
・エクセルを起動
・(バージョンによっては)マクロを有効にする
・マクロの編集画面で、以下のコードをコピー&ペースト
・マクロを実行

コピペするコード

サンプルのサイトが表示され、ラジオボタン、チェックボックスそれぞれが選択されていませんか?

ではソースの解説です。
青字箇所は以前説明済みのために、赤字箇所に絞って記載します。

ラジオボタンをONしたい場所を選び、ラジオボタンをクリックしています。
ブラウザでの通常操作も、クリックでラジオボタンを選択します。
そのため、アンカーボタンなどと同様に「Click」でラジオボタンが選択できます。

なお、当該命令を以下の通り変更いただいても同じく機能します。

ラジオボタンがクリックされると、「Checked」がFlaseからTrueに変わります。
そのため、上記のとおり「Checked」をTrueに変更すれば、該当のラジオボタンが選択されることとなります。
ただし、「Click」しているわけではありません。
そのため「onClick」などが設定されていた場合はこの命令だと、onClickイベントは発生しません。
別途発生させる必要がありますので、注意ください。
そのためにも、前者「Click」を使う方をおすすめいたします。

次のコードです。

チェックボックスを検索し、ONしたいチェックボックスを選び、チェックボックスをクリックしています。
これもブラウザでの通常操作も、クリックでチェックボックスを選択します。
そのため、アンカーボタンなどと同様に「Click」でラジオボタンが選択できます。
また、再度「Click」すれば、チェックボックスは解除されます。

なお、ラジオボタン同様に当該命令を以下の通り変更いただいても同じく機能します。

注意事項などはラジオボタン同様ですので割愛します。
念のためですが、おすすめは「Click」を使う方となります

今回のポイントの整理です。
・ラジオボタンのONにする場合、「Click」命令を実行
・チェックボックスをONにする場合も、「Click」命令を実行
チェックボックスがONになっている場合、再度「Click」するとチェックボックスはオフになる
・selected=trueでもラジオボタンやチェックボックスを選択可能(ただし、onClickが設定されていた場合、onClickは機能しません)
といった3点がポイントです。

-ExcelでIE操作