ie-excel

エクセル・マクロでie操作

シート名を変更する、シート名を取得する

オブジェクト.Name

オブジェクト.Nameを使用します。
例示とともに使用方法を見ていきます。

アクティブシートの名前を取得する

アクティブになっているシート名を表示するコードです。

Sub アクティブシート名取得()
'メッセージボックスでシート名を表示
  MsgBox ActiveSheet.Name
End Sub

シート名を変更する

アクティブシートの名前を変更するコードの例示です。
以下の例示はアクティブシートの名前を「Active」に変更しています

Sub アクティブシート名変更()
'シート名変更
  ActiveSheet.Name = "Active"
End Sub

シートを追加し、シート名を指定する

シートを追加後にシート名を指定する方法です。
順番としては、以下の順番で行っていきます。
 ・シートを追加
 ・その後にシート名を変更
します。

Sub シート追加()
'シート追加
  Dim Add_Sheet As Worksheet
  Set Add_Sheet = Worksheets.Add()
'シート名変更
  Add_Sheet.Name = "新しいシート"
End Sub

同じシート名がないかを確認

シートを追加し、追加したシート名を指定する場合、同一シートがないことを確認する必要があります。
追加するシート名と同一のシート名がないかを確認し、同一シート名があった場合はメッセージを出力し、処理を中断するコードです。

Sub 同一シート名存在チェック()
  Dim Sheet_Name As String 
  Dim se As Worksheet
  Dim flag As Boolean

  Sheet_Name = "新しいシート"

  flag = false
  For Each se In Worksheets
    If se.Name = Sheet_Name Then flag = True
  Next se
  If flag = True Then
    MsgBox "同一シート名があります", vbInformation
    End
  End If
End Sub

-VBA