ie-excel

エクセル・マクロでie操作

シートの位置を変更する

オベジェクト.Move Before: オベジェクト.Move After:

オベジェクト.Moveを使用します。
オブジェクトにはWorksheetsオブジェクトを指定
Beforeを指定すると、指定したワークシートの前に移動します
Afterを指定すると、指定したワークシートの後ろに移動します
使用方法を見ていきます。

シートを移動する

シートを追加する一番単純な方法です。
「Sheet1」を「Sheet3」の後ろに移動するコードです。

Sub シート追加()
  Worksheets("Sheet1").Move After:=Worksheets("Sheet3")
End Sub

追加したシートを一番左に移動する

シートを追加すると、アクティブシートの左側にシートが作成されます。
その作成されたシートを一番左に移動する方法です。

Sub シート追加()
  Dim Add_Sheet As Worksheet
  Set Add_Sheet = Worksheets.Add()
    Add_sheet.Move Before:=Worksheets(1)
End Sub

追加したシートを一番右に移動する

シートを追加すると、アクティブシートの左側にシートが作成されます。
その作成されたシートを一番左に移動する方法です。

Sub シート追加()
  Dim Add_Sheet As Worksheet
  Set Add_Sheet = Worksheets.Add()
    Add_sheet.Move After:=Worksheets(Worksheets.Count)
End Sub

-VBA